*

危険をコントロール

通常の初めての方向けのFX取引の情報では「マイナスになった状況ではナンピンして、ポジション全体の買い付け価格を下げることができる」と説明されているが正直に言うとこれには相当の罠が待ち受けています。

 

ナンピンの理屈に関して手短に記述します。

 

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとする。

 

$(ドル)買いですので、円安ドル高に進むほど黒字を得られますが、1ドルが95円まで円高・ドル安に推移したとします。

 

その場合所有し続けたら損失が戻るためには損した分ドル高に動かなければなりません。

 

誰もが、損失は出来るだけ早く戻したいと考えます。

 

このため最初に売買したのと同額分のドルをエントリーします。

 

そうすると、ポジションの価格は1ドル=97.50円まで安くする事が出来ます。

 

結果として、2.50円の幅でドル高に進めば、赤字を回復する事ができます。

 

これが、ナンピン買いのロジックだ。

 

このような、ナンピン買いの理屈を理解すると、「その通り」という風に思うが、為替は易々と思い通りにはいきません。

 

もとより、95円より下がらないとは分かりません。

 

仮に、為替が強いドル安トレンドだとしたら、1ドル95円ではとまらず円高にいく確率が高いです。

 

仮定として、1ドル=97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず1ドル=95円まで円高ドル安に進んだら、ナンピンしたポジションにも、損失が生じることになってしまうのである。

 

その状況では、初めにエントリーしたドルと全部で損失が生まれる事になります。

 

例示したとおり、ナンピン買いは厄介です。

 

それならば、マーケットが自分の脚本とは逆にすぐに行ってしまった場合、どういった対策で危機の確率をコントロールすればいいのでしょうか。

 

こういう場合には選べる道は2つしかありません。

 

まずはじめは潔くあきらめて、損を確定する事です。

 

もうひとつの選択肢としてはその時点で、あなたが持っているポジションを小さくする事で、再び為替が戻るのを動かないで待ち望む事だけです。

 

少し大人しい術だと感じる人もいます。

 

だけど、ポジションに損失が生まれた場合有効な手法はこれ以外にはないです。

 

なるほど、理屈の上ではナンピンする対策も有効です。

 

しかしながらナンピンはマイナスになっているにもかかわらず買いポジションを整理するどころか買いポジションを積み重ねていく手法です。

 

この対策では、危険をコントロールすることなど、やりようがないと思うべきです。

 

ナンピンをしていけばその内損失が回復するかもしれません。

 

しかし、それより先に投資資金はマイナスになってしまいます。